金峰魯肉飯

sayasaya

魯肉飯はここで食べれば間違いなし!おすすめの3店

 


 

台湾ローカルフードのかけごはん部門で代表と言えるのが魯肉飯(ルーローファン)。屋台や街中で必ず見かける料理です。

 

 

お茶碗サイズなので小腹が空いた時にさっと食べてさっと出るファストフード的な食べ方ができます。食べ歩きにはもってこいですね。

 

 

日本人の口に合うであろうおすすめ3店を紹介しますのでぜひトライしてみてください。人気店では行列もできますが、テイクアウトの客も多く回転率もいいので割とすぐに座れちゃいますよ。



スポンサーリンク

 

 

 

ところで魯肉飯て何?

 

 

魯肉飯(ルーローファン)は日本でいう「そぼろご飯」のようなもの。脂身の多い豚バラ肉を甘醤油と香辛料でトロトロになるまで煮込み、お茶碗に盛られた白米の上に乗せたものです。

 

 

庶民に親しまれている台湾を代表するかけご飯なので、専門店のみならず食堂で出していないお店はないと言っても過言ではありません。

 

 

そのため家庭料理のようにそれぞれレシピや秘伝のタレがあり、味付けが異なるので贔屓のお店を見つける楽しもあります。

 

 

ちなみにお店によってはメニューに「滷肉飯」と表記している場合もありますが、魯肉飯と発音も料理もまったく同じです。

 

 

付け合わせは煮卵をつけるべし!

 

 

魯肉飯だけでも十分においしいのですが、煮卵(滷蛋)を付けわせることをおすすめします。

 

 

煮卵をくずし黄身をお肉にまぶして食べるのが台湾っ子スタイル。実際にほろほろの黄身とお肉が絡み合って絶妙なおいしさですよ。

 

 

金峰魯肉飯

 

 

魯肉飯の老舗中の老舗で台北五大魯肉飯の一つに数えられる名店。好みの違いはあれど台北で一番おいしいと言われるお店です。

 

 

朝から夜中まで営業しているので夜に到着しても食べに行けちゃいます。

 

 

 

お肉は少なめなのですが脂身の量やタレの甘さのバランスが絶妙であさっり系の味付。八角の風味も少ないのでとても食べやすいです。

 

 

 

メニューは写真と日本語つきでわかりやすい。魯肉飯はSサイズ30元、Mサイズ40元、Lサイズ50元です。

 

 

営業時間:8:00〜1:00(第2・3日曜日20:30)

定休日:なし

 

 

MRT中正記念堂駅の出口2を出て直進。少し歩けば右側に看板が見えてきます。

 

 

西門金峰

 

 

西門金峰は金峰魯肉飯の支店です。と言っても金峰魯肉飯とは味つけが違うのでこちらの魯肉飯が好きな方も多いはず。

 

 

店内は現代的で清潔感があるので古いお店は苦手という方でも入りやすいです。店員さんも若い人が多いのでキビキビしています。

 

 

 

金峰魯肉飯に対して味付けは濃いめでこってり系です。とにかく日本人好みの味付けなので箸が止まりません。八角も気になる程ではないのでがっつり食べちゃってください。

 

 

 

魯肉飯は小サイズ33元、大サイズ53元です。

 

 

営業時間:10:00〜21:30

定休日:なし

 

 

MRT西門駅の出口6を出たら成都路を直進。昆明街とぶつかったら左折すると左手にあります。

 

 

天天利美食坊

 

 

天天利美食坊は他のお店にはない看板メニューがあります。それは目玉焼きが乗った魯肉飯。おそらくここでしか食べることができないのではないでしょうか。

 

 

 

これが名物の魯肉飯オン目玉焼きです。片面ではなく両面焼きとなっています。

 

 

この卵にお箸を入れると・・・

 

 

 

見てください。半熟の黄身がとろりと垂れて白米とお肉にとろりと染み込んでいきます。おいしさを容易に想像できてしまいますね。

 

 

 

滷肉飯加蛋が半熟目玉焼きが乗った魯肉飯です。Sサイズが35元、Lサイズが55元です。

 

 

営業時間:9:30〜23:00

定休日:月1回(不定休00)

 

 

MRT西門駅の出口6を出たら漢中街をひたすら進みます。10分ほどすると左手に見えてきます。



スポンサーリンク

 

台湾 台北

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る